小麦色の空の下

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

豊浜鯛まつり!!!


豊浜鯛まつり
日時平成27年7月18日(土)、19日(日)
8:00~17:00
18日(土) 中村区、鳥居区、東部区、半月
19日(日) 中村区、鳥居区、東部区、半月、中洲区場所知多郡南知多町大字豊浜一帯【まつりの特徴】名古屋から南にのびる知多半島。その先端、南知多町にある豊浜は、伊勢湾に面し、漁獲水揚げ量は県下ナンバー1。海の幸に恵まれたこの地で夏の風物として有名なのが、鯛まつりです。
鯛まつりは、豊漁と海の安全を祈るまつりで、10~18mの竹と木材を組み合わせ白木綿を巻いてつくった重さ約1トンの巨大な鯛が豊浜を練り歩きます。まつりのみどころは、約60人程の若衆に担がれた巨大鯛が観衆の声援を受けながら、海中をさながら生きているかのように、尾をふり、ひれをピンと張って練り歩きます。その様子はとても勇壮であります。
【昨年の人出】約5,000人
【屋台の有無】約10軒
【主なイベント】豊浜花火大会 7月18日(土)19:30~

スポンサーサイト
  1. 2015/06/19(金) 13:41:26|
  2. お祭り
  3. | コメント:0

手のひらにおさまる77のちょっとした幸せ♪から

江ノ電の奇跡

神奈川県の江ノ島電鉄線、通称・江ノ電。
1998年9月、江ノ電の総務課長だった楢井進さんの元に、
病気の子を支援する団体から手紙が届きました。
「江ノ電の運転手になりたいという子の願いを叶えていただけないでしょうか」

16歳の鉄道少年、新田朋宏君との出会いです。
朋宏君は、難病で入院していました。
1歳の時、母に電車の玩具をもらって鉄道が好きになった朋宏君は、
江ノ電の運転手になる未来を描いています。
でも、「もう時間がない」というのが主治医の判断でした。

手紙が届いた日から、楢井さんは実現に向けて動き出します。
鉄道法に違反せずどこまでできるか。
点滴付きの車椅子をどう運転台に乗せるか。
シミュレーションが続きます。

決行予定日は11月5日。
しかし、前日に朋宏君の心臓が一時止まり、中止。
暖かい春にやろうと再提案しましたが、主治医の返事は「もたない」でした。
6日後の11月11日、朋宏君を乗せた救急車が藤沢駅に到着します。
「お医者さんが不思議がっていました。元気なんです。
ずっと笑顔で、目がすごく輝いていて」

運転士の制服に着替えた朋宏君を乗せ、江ノ電は出発。
万一に備え、いつもは無人の駅にも駅員が立ち、運転席の朋宏君にエールを送ります。
江ノ電の108年の歴史で、全駅に駅員が配置されたのはこの時だけ。
朋宏君は、検車区間で実際の運転も体験した後、制服姿のまま救急車に乗り、病院へ戻りました。
後ろを振り返り、手を振る朋宏君が抱えていたのは、社員たちが贈った翌年のカレンダーです。

4日後。朋宏君は息を引き取りました。

楢井さんは、新入社員が入るたび、朋宏君のことを話します。
こんなに江ノ電を愛してくれた子がいるんだ。私たちは襟を正して仕事しよう。
江ノ電本社、出社した社員が必ず通る壁には一枚の絵が飾られています。
16歳で生涯を終えた鉄道少年、新田朋宏君が描いた江ノ電を運転する男の子の絵です。
  1. 2015/06/19(金) 13:06:41|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

jq39

Author:jq39
はじめまして!以前他でブログを更新していましたが、そちらが閉鎖されてしまうのでfc2さんで細々とブログを公開しています。
まだ使い慣れないので写真中心ですがよろしくね♪(⌒_<)~★

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アルバム (3)
写真 (4)
撮影 (8)
花 (3)
ねこ (3)
いぬ (1)
動物園 (1)
空 (6)
MOON (7)
誕生日 (1)
食品 (4)
お酒 (1)
映画 (1)
愚痴 (3)
ランチ (11)
未分類 (3)
YOU TUBE (3)
BLOG (3)
お祭り (3)
記念日 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。